不摂生を続けたことで38kgのガリガリに・・・そこから食事を大幅に変えることで元気でしぼられたボディーに変身!

私は一時期の昼食が週4回以上でインスタント食品でした。仕事が忙しかったのもあり、食事にかける時間をかなり削っていました。その結果、時短できる食品としてカップラーメンなどを頻回に利用していました。そんな生活を2~3ヶ月ほど続けた末に腸炎を発症し、脱水状態で身長152cmに対して体重は38Kgになりガリガリで、体力もなく、1週間入院するはめになりました。点滴、絶食の生活を経験したことで、ここから健康に対する意識が大きく変わりました。
このころからインスタント食品やレトルト食品は、極力使わないように心がけ、可能な範囲で手作りにこだわるようにしました。さらに身体によいといわれて注目されているチアシードやキヌア、甘酒、乾物(乾燥わかめや干し椎茸、切り干し大根など)等も積極的に取り入れるようにしました。また、体を作る資本となるたんぱく質の摂取としてプロテインを使うようにしました。これらの中で、チアシードとプロテインは毎日無理なく継続すことが可能でした。チアシードは小さじ1杯を毎日500mlのペットボトルに入れていき、それを半日~1日かけて仕事中に摂取します。プロテインは運動直後30分以内はもちろん、朝か夕飯2時間以降か睡眠前に摂取するようにしています。このおかげかはわかりませんが、この生活を初めてから少なくとも2年間は大きな病気をすることもなく、インフルエンザなどの感染症にもかからず、元気に過ごすことができています。さらに良い結果として、体重は相変わらず40kg前後を行ったり来たりしているのですが、体脂肪が自宅の体重計で測定した結果、14~18%の間で推移しており、筋肉量も30~35Kgの中で推移しています。よって元気で、無理な運動をしなくてもボディーを絞ることができました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

© 2017 美人と武人と賢人と同人との物語. WP Castle Theme by Just Free Themes